家賃滞納!賃貸トラブル解決法 

家賃値下げパーフェクトガイド!!元賃貸不動産会社のトップ賃貸営業マンが初めて明かす 初期費用削減・賃料減額交渉・更新料ゼロ・敷金返還トラブルゼロの賃貸契約コスト削減マニュアル

貸す側・借りる側どちらのトラブルもしっかり解決する方法を教えます。法的な解決で両方ともスッキリしましょう。

サイトマップ

「定期借家契約」でも中途解約できる?

定期借家契約とは

定期借家契約とは契約時に定めた期間で契約が終了し、更新がない契約のことです。



必要な条件としては、

●契約書を作成

●一定の契約期間を設定

●貸主が借主に対し、その契約の更新がない契約であり、契約期間の終了と同時に賃貸借が終了することをあらかじめ書面を通じ、説明する。

この条件を満たした上で、定期借家契約を交わし、中途解約を望んでいる場合には当事者同士の契約終了の合意が必要になります。

定期借家契約を中途解約するには、三つの条件全てを満たす必要があります。

●居住用の建物の賃貸借契約

●床面積が200平方メートル未満

●療養・移転・親族の介護などのやむを得ない理由がある場合で、貸借人が建物を自己の生活拠点として使用することが困難な状況

これらの条件を満たすことで、解約の申し入れが可能となります。

例えば、中途解約に関する取り決めがなく、事業用のビルの一室を借りている場合には中途解約ができないといえます。


契約はどのように終了する?

期間一年以上の契約の場合、契約が終了する1年前から6カ月前までの間に、貸主が借主に対して期間満了によって契約が終了する旨を通知しなければなりません。

通知が契約期間中である場合には、通知されてから6カ月後に終了。

もしくは契約終了には三つの条件が必要。

この二つに分かれます。

定期借家契約の場合には、契約更新がないため再度契約を結ばなければなりません。

店舗経営者のための家賃交渉マニュアル
面倒な賃貸トラブルは法律の力で解決
貸主・借主が守らなければならないルール
不動産の賃貸借契約に関する法律
不動産の賃貸借契約
契約を交わすとき気をつけること
定期借家手続き
契約時に発生するお金
仲介手数料について
大家さんが修理をしてくれない
貸主の許可無く壁紙を張り替えたら退去してくれと言われた
入居者が無断でペットを飼っている
隣の部屋の住人がうるさい
友人を住まわせていたら無断転貸を理由に契約解除を迫られた
天井からの水漏れで部屋が水浸し
火災を起こしてしまった、損害賠償は
盗難被害に遭ったのは鍵のせいだと損害賠償を請求された
内縁関係の夫が死亡した、夫名義で借りていた部屋から出ていかなければならない?
家賃を10%値上げしたい
家賃の値上げを拒否したい
更新料は支払わなくてはいけないの?
契約期間が終われば自動的に部屋を明け渡してもらえる?
息子を住まわせるために契約解除できる?
自ら事業を行うためにテナントとの契約を終了させられる?
入居者が破産したら契約を解除できる?
大家さんが破産したら部屋を退去しなければいけない?
窓のない部屋に窓をつけた、この費用は請求できる?
営業用に設置した電子レンジとエアコンの費用は請求できる?
アパートを建て直すので出て行って欲しいと言われたら
契約期間の途中で解約できる?
「定期借家契約」でも中途解約できる?
敷金をすぐに返してもらえない
カーペットは新品にして返さなければならない?
原状回復費用についての公的な基準
原状回復はどの範囲まで要求される?
壁と床に傷をつけてしまった
クロスをタバコのヤニで汚してしまった
敷金からハウスクリーニング代と鍵の交換費用が差し引かれた
原状回復トラブルを避けるために貸主・借主が気をつけること
入居者が3ヶ月分の家賃を滞納している
滞納家賃はどうやって支払ってもらうか
強制執行はどのように行われる
職業、身分を偽って入居された
入居者が3ヶ月も部屋を留守にしているが無断で入室してもよいか
借主が行方不明の場合は契約解除できる?
住居として部屋を貸したのに学習塾として使われていた
無断で物件を改造された
貸した部屋が暴力団の事務所になっていた
他の住人に迷惑をかける入居者がいたら契約を解除できる?
365日ほったらかしで毎月安定した利益を獲得!『貯金ゼロからはじめる夢の家賃収入』〜小松健治の成功大家さん劇場・完全版(驚愕の3大特典付)〜
リンク集
経費削減策!「家賃・テナント賃料」減額ビジネスマニュアル 「起業・副業」特化版
賃料適正化コンサル会社がやっている家賃交渉成功ノウハウマニュアル
高額家賃設定法。 築古ボロ物件・駅遠バス便物件でも、高速で高額家賃設定で、満室にする募集法

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
ローン 優遇金利



家賃滞納!賃貸トラブル解決法 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。